13119013_1067980853272434_3065857789538858233_n
都内では2年半ぶりとなったJ・A・シーザーリサイタル「荒野より」、ご来場ありがとうございました。
当日の模様とかはTAKEさんが詳細なレビューを書いてくださってるのでご紹介しておきます。いつも細かい所まで見ていただいていてありがたい限りです。
(5/3)http://take.music.coocan.jp/live2016/20160503.html
(5/4)http://take.music.coocan.jp/live2016/20160504.html
一箇所だけ訂正させていただくと、チューバはチラシの記載通り両日とも大野昌靖さんです。

5/4 セットリスト

客入れBG:ある家族の血の起源
第1部 少女革命ウテナ
SE:薔薇卵蘇生録
1.シュラ―肉体星座αψζ星雲―
2.天使創造すなわち光 
3.何人も語ることなし
4.スピラミラビリス劇場 
第2部 ある家族の血の起源
SE:ハテナのビタミン
5.人間果実
6.家族合わせ
7.空っぽの父の椅子
8.財産目録
9.花嫁讃歌
10.らまいまだ
11.世界で一番遠い土地
12.母迷宮
第3部 シーザー名曲集
13.煙草極楽浄土
14.成吉思汗
15.巴里寒身
16.マザーランド
17.ソドムの杉天牛
第4部 歌姫絶唱  
18.ノリ・ゴマ・シオ讃歌
19.迷子のリボン
20.私窩子
21.ほたる心中
22.子守頭巾
23.人形つかい
第5部 シーザー アラビア想フ名曲集
24.プララ・アプルゥ・モロッコ・イスラエル
25.千一夜の風車(ペルシァ女の純情経)
26.空飛ぶ絨毯~足無き片輪のアラジン~
27.シルクロード - アラビア想う幾何学哀歌
28.阿呆船
第6部 荒野より
29.荒野より
SE:UFO~未確認飛行物体~
アンコール
30.越後つついし親不知
31.眼球の異邦人

シーザーを除く歌唱者のクレジット

ソロボーカル:
榊原ゆい(2,3,4) 
竹林加寿子(6,7,12) 川口詩子(9) 斎木智弥(10) 安保弘介(11) 
籠原帝子(18,19) 蜂谷眞未(20,21) 石川詩織(22,23)

コーラス:
万有引力・蜂谷眞未・石川詩織(1,29) 籠原帝子(1,24,25,29)
竹林加寿子(1,3,5,8,11,13,14,15,16,17,24,27,28,29,30,31) 川口詩子(1,3,5,6,7,8,13,14,15,16,17,24,27,28,29,30,31) 斎木智弥(1,3,5,7,8,11,29) 安保弘介(1,3,5,7,8,29)
服部愛弓/山本美里(21,22,23) 

台詞・叫び・擬音等:
万有引力(6,7,8,10)
森ようこ(5,12) 高橋優太(7) 今村博(8)

ちょっとした解説

1は前日のアストラガルス地球双六と同じく劇場版ウテナのための書き下ろし曲で、薔薇卵蘇生録ソフィアに収録。こちらは映画本編でもアレンジされて使われた。シーザーには薔薇卵の中からコンサートでやりたい曲があと2~3曲ある模様。
2,3は万有引力「ダーウィン(1995)」、4は万有引力「電球式アンモナイト(1994)」の劇中歌。どちらもシーザーの自伝的要素が含まれている作品と伝え聞いていてる。
ここからは余談。ウテナで絶対運命黙示録が使われた経緯は幾原監督が久しぶりに万有引力を見に行った際(「カスパー・ハウザー(1995)」)その冒頭の曲だった、というのは周知の事実だけど、この時公演会場ではダーウィン・電球式アンモナイト・飢餓術師レクイエム・カスパーハウザーのサウンドトラックがカセットで売られており、第1期の楽曲(絶対運命黙示録から何人も語ることなし)は予め幾原監督側がカセットを聴いて選曲した上で使用許可を取りに来た、ということらしい。第2期では少し進んで過去の万有引力の全合唱曲の中から選曲され、そのためサウンドトラックが出ていない芝居の曲が増えている(地球は人物陳列室=アウトマトスの方舟とか)。第3期からは完全に書き下ろしの楽曲になったが、最終話で使われ何故か公式では新曲扱いにされた「ミッシング・リンク」はダーウィンの劇中歌。ウテナで使われた楽曲は書き下ろしを除けば92~97年の万有引力劇中歌から来ているので、同じようなのが聴きたい方はアジアンクラックから発売中のベスト盤「万有引力Vol.1 1994~2007」、「万有引力Vol.2 1983~1993」「万有引力◎黙示録」、それに芝居のサントラ「痴夢のランプ」が特にお勧め。

5~12は先日ディスクユニオンからサウンドトラックが発売。カセットテープ発売当時は時間の都合で合唱曲しか入りきらなかったのが、今回は特典CDに全BGを収録、更に当時は未収録だった合唱曲も収録されてる完全版。この作品も時期的には1993年とウテナで使われた曲と近いのでこちらもお勧め。「人間果実」あたりは使われていても全く違和感が無い。13はシーザーのお気に入りで、コンサートの際はまず候補に入る近年の定番曲。最近、イントロの元ネタがThe Knackの『My Sharonaだと発覚して関係者を唖然とさせた。
15は活動再開後初のリサイタル「山に上りて告げよ(2012)」以来となる久々の選曲。サジャが亡くなった原因はたぶんマラリアじゃなくてフィラリアだと僕も思います。
16は台詞部分はジァンジァンコンサートで使われた録音が奇跡的に残っていたので当時のものを使用。喋っているのは鎌倉外人歩抄のモデルとなったシーザーの当時GFだったドイツ人女性。
18は万有引力「アウト・オブ・マン(1985)」の劇中歌。J・A・シーザー黙示録の特典に付いた万有引力アンソロジーDVDの中で一部が聴ける。最後の歌詞は「ピューラレ ピュースキ ピューカバラ」。今回リサイタルでやるにあたって、イントロと間奏部分をシーザーが新しく作曲した。歌っている籠原帝子嬢は2013年ザムザ阿佐ヶ谷で開かれた「J・A・シーザーアコースチックなライブ」に出演、未発表曲だった「恋々かもめ」を歌った。この音源が昨日一般発売となった「寺山修司劇中歌少女詩集」の特典CDとして収録されています。
19はゴリ押しでねじ込んだ、シーザーが音楽を担当した丸尾末広氏原作のカルトムービー「少女椿」のエンディングテーマ。シーザー、この曲の存在を完全に忘れていた。「毛糸のパンツは覚えてるんだけどなあ…」当時のマルチトラックテープが残っていたので全パートを譜面に起こして完コピを目指した。客席で絵津監督も超ノっていたとの目撃情報を聞き安堵。ところで座敷牢はいつ頃公開されるんでしょうか?
20~23、昨日、無事に「寺山修司劇中歌少女詩集」が一般発売となりました。5/19はdues新宿にて発売記念イベントが行われます。今回のコンサートでは披露していない歌や、J・A・シーザー本人のサイン会もあるので是非。
ところで20のサビにおける蜂谷嬢の絶唱を聴いて、娼婦市子物語もすごい合うんじゃないかなと思った。機会があれば挑戦したい。
23ではシーザーがボンゴを叩き、自分はタンバリンに挑戦。
13179278_1067980169939169_568777488595661404_n
歌姫が歌っている後ろで、カラ館のようなテンションでハシャぐ2人

24「ブララ・アプルゥ・モロッコ・イスラエル」タイトルの由来はMCでも言っていたとおり「ぶらぶら・歩く・モロッコ・イスラエル」。1973年(?)秋田コンサートのリハーサル音源(青少年探究篇)と1980年ジァンジァンコンサート(鬼火の特典)の二つの音源が今のところ世に出ているけど、シーザーが全編歌うアレンジは今回が初のはず。
26,間奏の大ユニゾン部分はコード進行に合わせて今回新規で書いたものだけど、合間合間に森さんがオリジナルで弾いていたフレーズを挟み込んでみたりしている。
28は言うまでも無い代表曲。今回は大滅亡へ向かわず、ボレロ風に終わるアレンジ。これは1979年「月蝕歌」コンサートでの譜面を元にしている。

アンコールについて、もともと両日ともやる予定は全く無かったという事と、阿呆船がああいう終わりになった事でコンサートで大滅亡はやんないよ、と見せかけて最後の最後即興で飛び込んできた桂太さんと優太さんの両兄ィにマジリスペクト。
13178688_1067983046605548_7440613047571925880_n

機材周り
自分の機材周りについて簡単に。
ギターは森岳史さんの遺品のテレキャスターと、グレッチの6120、シーザー所有のグレコ製で多分成毛滋モデルのレスポールの3本。今回シタールの音が欲しいとの要望があったのでグレッチにROLANDのシンセドライバーを付けて対応した。アンプはヘッドがMarshallのVintage Modernで、キャビはガワがボロだけど中身のスピーカーはヘッド純正のものが入ってる。
13151878_1067952239941962_6792339997256253023_n

エフェクター周り。
いつも美麗な写真を撮ってくださっている伊藤青蛙さんからMoogerFoogerのフェイザーをお借りした。えげつない掛かり具合が最高です。その他はピッチシフターをBOSS製に入れ替えた以外はいつも通り。BOSSのPSM-5は後述のオープンリールのための只のルーパー。
 13178538_1067951909941995_1604197318656590765_n

オープンリールはAKAI製で何気に2代目だったりする。初代は修理中にとどめをさしてしまって今は倉庫行き。用途はブースターと、リールを実際に回して得るエコーだけど今回は全くリールを回さなかった。
13124829_1067973673273152_4110417705983701755_n

鍵盤周りはハモンドオルガン(XK-3c)&RolandのFantom、E-muのモジュールでメロトロン、ステージピアノはKAWAIのMP11。オルガン脇に置かれたもう1台のピアノはMPを鳴らすためだけのMIDIキーボード。
オルガン用のエフェクトで、これも伊藤さんからお借りしたMoogerFoogerのアナログディレイを置いた。
13179198_1067951903275329_6859706677310994087_n
今回の写真もすべて伊藤青蛙さんによるもの。いつもありがとうございます。

次回公演

J・A・シーザーの今後の活動としては、6月に万有引力で座・高円寺にて呪術音楽劇「犬神」があります。
俺もシーザーと一緒に舞台で生演奏しますので、是非。

演劇実験室◉万有引力◉第62回本公演
呪術音楽劇
犬神
―月と不死、魂の古代形式譚―
日時 ◉ 2016年6月10日(金)〜19日(日)
会場 ◉ 座・高円寺1
作:寺山修司
演出・音楽・美術:J・A・シーザー
構成台本・演出協力:髙田恵篤

http://www.banyu-inryoku.net/